学資保険と契約の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学資保険解約は避けて

新着情報

学資保険の中途解約は損

大切なお子さんが望む教育を受けられるようにする為には、多額の教育費がかかるもので、大学入学などの時点になってからお金を用意されるというのでは、多額の借り入れを行うことになることもあり、多額な利息を返済する事にも成りかねません。毎月、教育費のために銀行などの預金をされたとしても、現代のように利息乗り率が低い時代では小学の利息分子化余力を得られないものです。そのような事態にならないように、学資保険に加入しておかれる事で、通常払込をした積立金を大幅に上回る払戻金を受け取れるです。但し、満期前に中途解約されると、解約払戻金は戻る可能性がありますが、払込をした全額までは戻らない場合が多く損をしてしまいますので、無理をしてでも満期まで保険解約は避けたいものです。

可能な限り継続をしよう

子供の将来の教育資金をと思い、学資保険に加入する方は非常に多い。ところがそれに特約をつけすぎたり、またしっかり月々の金額を払い続けるつもりではいたが、新しい子供をもうけることになって家庭の経済状況の変化から、学資保障を継続するかしないかを迷うことになることもしばしばである。そのように途中で解約を検討している方には、もう一度何のためにその保険に加入したのかという原点に立ち戻って考え直して欲しい。目先の経済状況だけの理由で解約を進めると後悔することにもなりかねない。お薦めは特約を減らして基本的な保証に力を注げることができるようなプランにすることである。