学資保険と契約の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学資保険で積立を

新着情報

積立式の学資保険の考え方

子供の教育費は大学まで行かせようと考えるとバカにならないものがあります。いざ大学進学する段階でその費用を捻出するのが厳しくて教育ローンを利用しなければならない場合もありますが、その負担を少しでも減らすために学資保険を利用する手があります。積立目的であれば、コツコツと貯めて子供の進学に合わせて給付金を受け取ったり、契約の内容にもよりますが、親や子供の万が一のための保障も合わせて検討することができます。生命保障や医療保障としても考えることができるわけです。その生保等を保障の程度で、場合によっては給付金が掛け金よりも少なくなる場合もありますので、単独の生命保険等と合わせて検討することが必要でしょう。いずれにせよ、早く入るに越したことはなく、子供が生まれたらすぐにでも検討すべきです。

コツコツ積立てて盤石な子育て

私の妊娠がわかり安定期に入ったとき、夫婦で一番真剣に話し合ったことと言えば、教育費に関することだ。景気が不安定ないま、子どもにどれだけの教育を受けさせてあげることができるのか、二人で意見をすり合わせる必要があった。中でも学資保険について、積立てるならどこがいいのかや加入はいつしたらいいかなどたくさん調べて議論を重ねた。責任を持って子育てをしたいからこそ、教育にかけるお金はしっかり確保してあげたい。お金の話しは避けて通れないのだ。そして沢山の話し合いと、いくつかの選択をして保険加入を済ませた。あとは元気に生まれてくるのを待つばかりとなった。いろんな可能性を持つ我が子、私たちが出来うる限り、しっかりと伸ばしてあげたいと思っている。